HOME > 姫バスマガジン > ツアーレポート:かわせみやませみコース  JR観光列車「かわせみやませみ」

姫バスマガジン

< Webサイトをリニューアルいたしました。  |  一覧へ戻る  |  ツアーレポート:かわせみやませみコース  お食事先「清流山水花あゆの里」 >

ツアーレポート:かわせみやませみコース  JR観光列車「かわせみやませみ」

新D&S列車「かわせみやませみ」&会席ランチと温泉コース

【ツアー行程】
博多駅筑紫口9:00発 == 
①JR新八代駅+++JR人吉駅(観光列車「かわせみやませみ」ご乗車・約70分)==
②人吉温泉 清流山水花「あゆの里」でランチ&入浴(約150分)==
③国宝青井阿蘇神社(参拝・買物)==
博多駅19:00頃着予定 


①観光列車「かわせみやませみ」について
kawasemi-annai.jpg

*2017年3月4日、熊本~人吉間にデビュー。
 水戸岡鋭治氏デザイン。
 雄大な山々と清澄な水辺を遊覧する野鳥のごとく、

 人吉球磨を感じる列車旅をお楽しみいただけます。

 四方を深い山々に囲まれた人吉盆地。
 その昔、船道を造るのも苦難も極めたという球磨川。
 人々の往来が厳しい時代にも、
 沿線を自由に旅したであろう野鳥の翡翠(かわせみ)と
 山翡翠(やませみ)から名づけられた列車です。

*かわせみ(翡翠):羽色が鮮やかで翡翠のような体色から別名「飛ぶ宝石」。
         体長約17cm。沿線の八代市及び球磨村のシンボル。
 
*やませみ(山翡翠):黒と白の鹿の子斑が特徴。体長約40cm。
          渓流などに生息するが、人吉市街に飛来することも。
          人吉市のシンボル。

 
姫バスツアーでは、
JR新八代駅から、「かわせみやませみ」に乗車しました。
列車は新八代駅を11:49に出発して、人吉駅に13:01に到着します。
sinyatsushiroeki.jpg

あいにくの小雨。
始発の熊本駅を出発し、新八代駅に到着しようとしている「かわせみやませみ」です。
お待ちかねの「かわせみやませみ」の入場を、皆さま写真におさめて。
kawasemi-toutyaku.jpg

1号車 翡翠(かわせみ)のお顔。
列車の紺色に、翡翠の色が映えています。
 
kawasemi-shomen.jpg

1号車 翡翠(かわせみ) 側面。
kawasemi-yoko.jpg

バーカウンター横。
IMG_2402.jpg

バーカウンターのれん。
kawasemi-bar.jpg

車内の壁。
IMG_2357 (1).jpg

1号車 翡翠(かわせみ)  車内の様子。
kawasemi-shanai (2).jpg

BIRD WATCHING WINDOWコーナー。
kawasemi-window.jpg

2号車 山翡翠(やませみ)
yamasemi-shanai.jpg

IMG_2392.jpg

2号車 山翡翠(やませみ) 
シートは後ろ向きにもなります。
yamasemi-shanai2.jpg

seat.jpg

JR豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」にも飾られている、
福岡・大川の組子細工。
ookawakumiko.jpg


ookawakumiko-mado.jpg

人吉・球磨焼酎のショーケース。
kawasemi-shoutyu.jpg

途中、停車をする「一勝地(いっしょうち)駅」は
大正3年に作られた木造建築が残る駅舎です。

「足を地につけ努力し、まず一勝を」と、

必勝祈願の入場券が受験生やスポーツ選手に人気です。

isshochi.jpg

 

JR九州 新観光列車「かわせみやませみ」に乗車体験できる姫バスツアーは
こちらのページです→ 姫バスツアー「ツアー紹介」

kawasemiyamasemi.jpg


< Webサイトをリニューアルいたしました。  |  一覧へ戻る  |  ツアーレポート:かわせみやませみコース  お食事先「清流山水花あゆの里」 >

このページのトップへ